2015年1月21日(水)サービス利用約款改定のお知らせ
こんにちは、NCSOFTサービスチームです。

日頃よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。
1月21日(水)定期メンテナンス以降「Google2次認証」というワンタイムパスワードを導入及び実装するにあたり、サービス利用約款の改定を行います。
変更内容は「NC OTP」及び「Google2次認証」を総称して「ワンタイムパスワード」とする内容となります。
ただし、「NC OTP」は2015年1月28日(水)定期メンテナンス開始時をもってサービスの提供が終了します。

※参考


・利用約款改定日
2015年1月21日(水) 定期メンテナンス後


▼改定内容
【改定前】
第1節 総則
第2条(用語の定義)
11.  「NC OTPサービス」とは、当社が別途指定または推奨する携帯電話用アプリケーションなどの生成ソフトまたはその他当社が貸与または推奨する生成器(以下、これらソフトと生成器を総称して「トークン」という)に生成・表示される可変的なパスワード(以下、「ワンタイムパスワード」という)により受けられる認証及び保安のためのサービスをいいます。 

第15条(NC OTPサービスの利用)
1.NC OTPの利用手続き及び利用料金に関する事項は以下の通りです。 
 (1)   NC OTPサービスは、本約款に基づいて別途NC OTPサービスの利用申し込みを行ったアカウント手続きを行い、NC OTPサービス利用登録が正規になされたアカウントに限り利用することが出来ます。 
 (2)   NC OTPサービスをご利用になるお客様は、当社が別途定める支払条件および支払手段に従い、利用料金を支払うものとします。 
 (3)   前項にかかわらず、当社が別途定める所定の条件を満たすお客様には、NC OTPサービス利用料金の減額などをする場合があります。 
 (4)   NC OTPサービスを利用する場合には、トークンが生成ソフトの場合は、所定のソフトウェアをダウンロードし、インストールする必要があります。 
 (5)   トークンに生成器を利用する場合には、当社が指定または推奨したトークンを利用することとなります。 
 (6)   トークンの発行や再発行に際して、NC OTPサービス利用料金のほか、お客様はトークンの発行手数料を支払う場合があります。 
 (7)   NC OTPサービス利用料金及びトークンの発行手数料は、NC OTPサービス利用の取消・停止(トークン返戻による利用停止を含みます)などいかなる理由があっても返却できません。 
 (8)   NC OTPサービス利用登録を行う場合に、トークンが保有するトークンIDの入力が必要になります。 
2.NC OTPサービス利用のお客様は、NC OTPサービス利用登録後は、所定のログイン時において、アカウント、パスワードの入力に加え、「ワンタイムパスワード」による本人認証を行うこととなります。 
3.当社は、ログインする際に、お客様が入力したワンタイムパスワードが、当社の保有するお客様のワンタイムパスワードに関する情報と一致した場合には、当社はお客様からの正規なログイン依頼とみなして取り扱います。 
4.当社が保有するワンタイムパスワード情報と異なるワンタイムパスワードが当社所定の回数以上連続して入力された場合に、当社はお客様の本サービスの利用を制限することがあります。なお、NC OTPサービスの利用再開をする場合は、当社の指定する方法により、お客様ご本人から当社に手続きを行う必要があります。 
5.お客様が、所定の手続きにより、一つのトークンで同一のお客様が所有する複数のアカウントを利用することができるものとします。ただし、それぞれのアカウントでの利用において個別に利用料金が発生します。 
6.当社は、お客様が第22条に違反し制裁措置を受けている場合、またはお客様からの接続が、NC OTPサービスの安全性を脅かす接続であると当社が判断した場合において、該当のお客様のNC OTPサービスの利用を制限することができるものとします。 
7.NC OTPサービスの利用期間は、別途定めの無い限り原則として、NC OTPサービス登録日から365日間とします。なお、所定の手続きにより、さらに365日延長することができることとします。 
8.NC OTPサービスは、サービスの利用期間中であっても、トークン(生成器)の電池切れにより使用できなくなることがあります。この場合、所定の手続きを行うことにより、新たなトークンをお客様が登録をした場合、引き続き利用期間終了まで使用できるものとします。 
9.NC OTPサービスの利用期間の終了日が到達した場合、期間延長の手続きがなされていないときは、お客様のNC OTPサービスを停止するものとします。 
10.  NC OTPサービス利用の停止・再開・変更に関する事項は以下の通りです。 
 (1)   お客様は、お客様がNC OTPサービスの利用停止を希望する場合は、お客様ご本人による所定の手続きより、お客様のNC OTPサービスの利用を停止することができます。 
 (2)   当社は、サイトへの掲載による通知をすることにより、NC OTPサービスの停止をすることができるものとします。 
 (3)   お客様の手続きにより、NC OTPサービスが利用停止された場合において、お客様の停止中のNC OTPサービスは、お客様の所定の手続きにより、利用を再開することができるものとします。 
 (4)   当社の都合により停止中のNC OTPサービスを再開する場合は、当社が規定する方法により再開を通知します。 
 (5)   携帯電話端末の機種変更や生成器(トークン)の紛失や破損などで、お客様の登録しているトークンが利用できなくなった場合には、お客様ご本人が手続きを行うことにより、新たなトークンを登録することができるものとします。 
 (6)   交換、紛失、破損など所定の場合に限り、お客様が必要な手続きをすることにより、お客様が既に登録されているトークン(以下、「旧トークン」という」)から、お客様が所有している新たなトークン(以下、「新トークン」という)へ、トークンの登録を変更することができるものとします。 
 (7)   NC OTPサービス利用のお客様が、本サービスの契約を解約された場合は、自動的に、お客様のNC OTPサービスの利用も終了します。 

第5節 免責事項、補償及び損害賠償
第26条(免責事項)
10.  お客様が携帯電話端末、トークン(ソフトウェア、生成器いずれも含む)の変更などにより、NC OTPサービスを利用できない事態が発生した場合においても、当社は責任を負いません。 

第6節 その他
第29条(払い戻し)
お客様により一度決済されたカイモ、パール、チケット、クーポン、有料サービス、無料サービス、NC OTPサービス、業務提携サービス、ゲージカートリッジ、ゲージ、ゲージ交換ポイント、場代などは理由のいかんによらず払い戻しされないものとします。 


【改定後】
第1節 総則
第2条(用語の定義)
11.  「ワンタイムパスワード」とは、OTP,Google2次認証、Google Authenticatorなどとも表記することがあり、当社が別途指定または推奨する携帯電話用アプリケーションなどの生成ソフトまたはその他当社が貸与または推奨する生成器(以下、これらソフトと生成器を総称して「トークン」という)に生成・表示される可変的なパスワードにより受けられる認証及び保安のためのサービスをいいます。 

第15条(ワンタイムパスワードの利用)
1.ワンタイムパスワードの利用手続き及び利用料金に関する事項は以下の通りです。 
 (1)   ワンタイムパスワードは、本約款に基づいて別途ワンタイムパスワードの利用申し込みを行ったアカウント手続きを行い、ワンタイムパスワード利用登録が正規になされたアカウントに限り利用することが出来ます。 
 (2)   ワンタイムパスワードを利用する場合には、トークンが生成ソフトの場合は、所定のソフトウェアをダウンロードし、インストールする必要があります。 
 (3)   トークンの発行や再発行に際して、ワンタイムパスワード利用料金のほか、お客様はトークンの発行手数料を支払う場合があります。 
 (4)   ワンタイムパスワード利用料金及びトークンの発行手数料は、ワンタイムパスワード利用の取消・停止(トークン返戻による利用停止を含みます)などいかなる理由があっても返却できません。 
 (5)   ワンタイムパスワード利用登録を行う場合に、トークンが保有するトークンIDの入力が必要になります。 
2.ワンタイムパスワード利用のお客様は、ワンタイムパスワード利用登録後は、所定のログイン時において、アカウント、パスワードの入力に加え、「ワンタイムパスワード」による本人認証を行うこととなります。 
3.当社は、ログインする際に、お客様が入力したワンタイムパスワードが、当社の保有するお客様のワンタイムパスワードに関する情報と一致した場合には、当社はお客様からの正規なログイン依頼とみなして取り扱います。 
4.当社が保有するワンタイムパスワード情報と異なるワンタイムパスワードが当社所定の回数以上連続して入力された場合に、当社はお客様の本サービスの利用を制限することがあります。なお、ワンタイムパスワードの利用再開をする場合は、当社の指定する方法により、お客様ご本人から当社に手続きを行う必要があります。 
5.お客様が、所定の手続きにより、一つのトークンで同一のお客様が所有する複数のアカウントを利用することができる場合があります。6.当社は、お客様が第22条に違反し制裁措置を受けている場合、またはお客様からの接続が、ワンタイムパスワードの安全性を脅かす接続であると当社が判断した場合において、該当のお客様のワンタイムパスワードの利用を制限することができるものとします。 
6.  ワンタイムパスワード利用の停止・再開・変更に関する事項は以下の通りです。 
 (1)   お客様は、お客様がワンタイムパスワードの利用停止を希望する場合は、お客様ご本人による所定の手続きより、お客様のワンタイムパスワードの利用を停止することができます。 
 (2)   当社は、サイトへの掲載による通知をすることにより、ワンタイムパスワードの停止をすることができるものとします。 
 (3)   お客様の手続きにより、ワンタイムパスワードが利用停止された場合において、お客様の停止中のワンタイムパスワードは、お客様の所定の手続きにより、利用を再開することができるものとします。 
 (4)   当社の都合により停止中のワンタイムパスワードを再開する場合は、当社が規定する方法により再開を通知します。 
 (5)   携帯電話端末の機種変更や生成器(トークン)の紛失や破損などで、お客様の登録しているトークンが利用できなくなった場合には、お客様ご本人が手続きを行うことにより、新たなトークンを登録することができるものとします。 
 (6)   交換、紛失、破損など所定の場合に限り、お客様が必要な手続きをすることにより、お客様が既に登録されているトークン(以下、「旧トークン」という」)から、お客様が所有している新たなトークン(以下、「新トークン」という)へ、トークンの登録を可能な状態にすることができるものとします。 
 (7)   ワンタイムパスワード利用のお客様が、本サービスの契約を解約された場合は、自動的に、お客様のワンタイムパスワードの利用も終了します。 

第5節 免責事項、補償及び損害賠償
第26条(免責事項)
10.  お客様が携帯電話端末、トークン(ソフトウェア、生成器いずれも含む)の変更などにより、ワンタイムパスワードを利用できない事態が発生した場合においても、当社は責任を負いません。 

第6節 その他
第29条(払い戻し)
お客様により一度決済されたカイモ、パール、チケット、クーポン、有料サービス、無料サービス、ワンタイムパスワード、業務提携サービス、ゲージカートリッジ、ゲージ、ゲージ交換ポイント、場代などは理由のいかんによらず払い戻しされないものとします。



上記改定は2015年1月21日(水)定期メンテナンス終了後より適用され、その後のサービスのご利用をもって本内容を承諾したものとみなします。
サービスご利用の前に必ずご確認をお願いいたします。


NCSOFTサービスチーム
番号 タイトル 作成日
254 Google2次認証サービスが一部開始されました! 2015.1.21.
766 2015年1月21日(水) 定期メンテナンス時間変更のご案内 2015.1.19.
765 2015年1月21日(水)サービス利用約款改定のお知らせ 2015.1.14.
764 【改善】式姫草子「神力」のご購入について 2015.1.11.
763 【改善】セキュリティセンター障害のお知らせ 2015.1.10.