IMAGE Mなのかな?② 追記
麻雀において点数計算がいかに大事かパート①で書いたが、今しがた丁度いい例の対局あったので追記。

まず南2局ラス前。
トップとの差は-7400でラス目との差は+1100の32900二着。
索子が高い局面なので清一色が狙えようが索子は絞って一気通貫のみで良しとして回せるようにダマ。脂っこい索子を引いたなら切りも全然厭わない構え。



で、が出たので出和了2600点加点してのオーラス。
トップ条件は2600直か2000オールの3900ツモ以上で、1600オールの3200ツモなら同点で2着な場面。

ダブ南がポン出来てドラも1枚抜いたのでこれで3900確定。
だが、下家直だと39400で足らずだからツモかトップ目からの直という条件がまだ付いている。
トップ目から間違ってリーチ棒が出ようものならそのリーチ棒で下家からの出和了でもトップにはなれるが、下家は鳴いているしそんなうまいリーチ棒は安々と出ないだろうからテンパイしつつ苻数か飜数かのアップを狙っている。

この後、またが来たのであっさりと満貫確定になって苦労はなかったのだが・・・



例えばこれが仮に西家でダブ南じゃなかった場合はどうするか、下図。
4枚目のをツモって来たが、ダブ南でない西家なら加槓で解決。
それは「槓ドラとかー、嶺上とかー」とかといった【確率や可能性】ではなく、明槓の【16符】で3飜40符5200となり和了条件なしの【確定】となるから。

もちろん、他家のテンパイ気配や点数の大きい小さいの状況によっては槓しないままツモ切りもあるし回すことになって2着死守でも立派な打ち筋だが、この点数差とテンパイ状況では和了トップ確定となる加槓はセオリー。

言いたいことは、槓がダメってことじゃなく状況に応じて特に条件が払拭出来ることが【確定】となるものは逆にしないといけないってこと。

そのためには符計算は必要不可欠で、逆にオーラスでトップになるには余計な飜数も【不確定要素】の無理仕掛けも必要ない。

この辺の計算が出来ないと「満貫とか高いのにすればいいのだろう」的な発想しか出てこないので取れるトップを逃すことになるケースが増えていく。
スレッドURL
牌譜

JOE.Tさん が 「いいね!」と言っています。

  • 239 照会
  • 1 いいね!
  • 0 コメント

リンク